【動画あり】「キャンディングダスト」はどれぐらいつけるべき?

こんにちは!
シュガーリング 脱毛をする上で、
ペーストをお肌になじませるのに重要な役割をするのが、
「キャンディングダスト」(パウダー)です。

 

しかし、こちらのパウダーをつけすぎてすまうと、

①ペーストがしっかり肌に乗らず、細い毛が脱毛できない

②ペーストにダストが混ざりすぎてしまい、脱毛威力がすぐに落ちる

といったデメリットもあり、
つける量がとても大事です!

 

また、VIO脱毛をする際、Iラインの脱毛時は薄皮剥離しやすいので、
パウダーはしっかり目につけるように心がけましょう。

 

他にも、「こんな動画があると嬉しい!」
といったご意見ございましたら、お気軽にお寄せ頂けますと幸いです!

引き続きSKIN CANDYを宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です